自宅ガレージで、時々      「Green Days」をopen♪
by greendays
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ごあいさつ
ご注文のお品
ハンギングバスケット
寄せ植え
庭の植物
多肉植物
講習会
ラッピング
紅茶
英国2013
英国2014
英国2016
英国2018
フィレンツェ2016
パリ2017
お出掛け
その他
未分類
最新の記事
英国2018②
at 2018-07-23 20:38
英国2018①
at 2018-07-21 22:18
三人の気ままなパリ旅2017
at 2017-07-27 10:25
ビオラevolve2016
at 2016-11-27 20:15
英国旅2016
at 2016-11-20 09:39
以前の記事
2018年 07月
2017年 07月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
井上まゆ美のお仕事日和
SUGAR & BUTTER
green plus
気ままに庭仕事    ~...
小さな手作りガーデン
daisy&bee の ...
horigotatsu*
ブルーベルの林から
緑のじゅうたん 英国便り
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


英国2018②

①の続きはコベントガーデンの写真から♪

e0289316_10183587.jpg

 
e0289316_14240099.jpg


一応、カテゴリーごとにまとめてみました↓(日程順に)
アンティークマーケットやカーブーツセール

・Moreton-in Marsh・Stow-on-the-wold・Bourton-on-the-water・Tetbury
・Cirencesterなど 各々の町の antiques Markt 
・Chiswik Car Boot Sale
・Northcote road antiques 
・Lwei Fles MK・antiques centerなど街中に沢山のお店
・Battersea Car Boot Ssle
・Crafty Fox Market …ブリクストンで開かれるクリエーターさんと食の融合
・Brick Lane Markt
・Old Spitalfields Markt
・Backyaed Markt

e0289316_14024812.jpg


e0289316_14031390.jpg



e0289316_16424525.jpg


e0289316_14580988.jpg

e0289316_14581089.jpg



カーブーツセールは家庭の不用品的なものから、ちゃんとしたブランドのもの
まで玉石混交!まさにお宝探し的な楽しさで、かなりお安く手に入ります。
Mappin&webbの小さなシルバースタンドを£4で手に入れました。
値段交渉も段々と上手になって、話がはずむうちに”あなた面白いわね!
少し安くしてあげる”とアンティークマーケットでも、
かなりおまけしてもらいました^^v
おばさんのコミュニケーション力はイギリスでも通じる(笑


e0289316_14034920.jpg

郊外のマーケットから若者に人気のイーストエリアまで、
幅広く回りました。それぞれ扱うものもお客さんの層も
違いましたが、いずれも活気があって
思わぬ掘り出し物もあるので、わくわくです♪
それに売り手とお客さんの距離が近くて、
なんともアナログな空気感がたまらなく好きなのです♪


e0289316_14203547.jpg


e0289316_17500538.jpg
月に一度開催されるCrafty Fox Market↑
新人アーテイストさんのこだわりの作品にも出会えます~♪

ロンドンバスがプランツやさんに!
ワークショップもあるようですし~
中ではスプラウトも育っていました。



e0289316_21341750.jpg




ロンドンからちょつぴり郊外へ

・コッウォルズ 2泊3日 Moreton-in Marsh⇒Stow-on-the-wold⇒
Bourton-on-the-water⇒Bibury⇒Tetbury⇒ Cirencester⇒ケンブル 

 パディントンから電車でMoreton-in Marshへ着いた後は、
タクシーとバスで動いたのですが…両方とも数が少ないので
確保するのが大変です!各町の観光案内所のスタッフさんには
随分とお世話になりました。




e0289316_16364766.jpg



アンティークshopの裏庭
このあたりのshopは表からは見えない奥に
大きさは違えども、こだわりのお庭が広がっていました。

e0289316_16371433.jpg


e0289316_16373143.jpg
e0289316_16381969.jpg




Bourton-on-the-wate
本来はローワースローターへ行く予定だったのですが
バスの降り間違いでこちらへ(汗)バスの電光案内Mapに安心して
実はそれが動いてないことに気付いた時には…
かなり乗り過ごしていたのです(大汗
コッツウォルズのバスは本数も少ないし、ホント要注意です!


e0289316_16392181.jpg


Bibury


e0289316_16395548.jpg

宿泊したホテル
e0289316_16402971.jpg

Tetbury


e0289316_16410791.jpg


 夜8時ごろ~まだまだ明るいので、小さな街をゆったりのんびりお散歩。
通りの主なお店は5時には閉まるので、開いているのはパブやレストランくらい。
人通りもまばらで、宿泊だからこそ味わえる静かな一日の終わりです。



e0289316_16412858.jpg


Cirenceste 
観光案内所も大きくて、マーケットも充実。とりわけコーンホールのMKは
雰囲気も品物もよくて、気持ちよくお買い物できますよ。
美味しいレストランも多いので、たっぷり時間をとりたい街です。


e0289316_16434711.jpg



・Lewes
電車の乗り換えに注意です!
私達、ブライトンの先まで行ってしまいました(汗
アンティーク好きの間では、ロンドンから気軽に行ける所として
近年注目の地です。駅からメインストリートへ向かう道沿いにも
目をひくshopが多くて、お値段も市内に比べるとお安いです。
ここを訪れるまでに、すでに他の所でアンティークを買っていたので
かなり慎重に選んだつもりですが~それでも
出会いはあるもので、シルバートレイやピッチャーなど
帰りはエコバッグが重いほどに(笑)
ここが一番先だったら、舞い上がってきっと爆買い?したかも
と危険な場所です(笑


e0289316_08262605.jpg



e0289316_08320409.jpg


e0289316_08270127.jpg


e0289316_08275784.jpg


e0289316_08282205.jpg


e0289316_08284488.jpg


路地を入っていくと可愛いチョコレートshop
セミドライのオレンジにチョコレートをかけたものが美味しくてもっとたくさん買えば良かったなぁ~♪
Bonne Bouche Chocolates



・Guildford (サリー州)
ロンドンから電車で40分くらい。「不思議の国のアリス」の
ルイス・キャロルゆかりの地として有名で
モザイクのように植えられた花壇↓をご存じの方も多いと思います。


e0289316_10284620.jpg

Guildford Castle Grounds


e0289316_10302139.jpg


e0289316_10305571.jpg



e0289316_10312947.jpg

城址からこの細い通りを抜けるとメインストリートへ。
コンパクトな街ですが、こだわりのガーデンショップや
アロマ、雑貨やさんなどが軒を連ねていて
お土産に良さそうなものにも出会えます♪


e0289316_10320287.jpg

・Windsor Castle

ハリー王子とメーガンさんの結婚式の影響か?
さらに観光客が増えているようで
炎天下、長蛇の列。私達は事前にHPからチケットを購入していたので
わりと早く入れましたが‥それでも衛兵の交代式と重なり、30分程度かかりました。
もし当日券なら数時間はかかりそう(汗


e0289316_08413058.jpg


e0289316_08415335.jpg

内部は撮影禁止なのですが、
ここテレビで見たあの場所じゃない?とか
馬車でパレードへ向かわれたのはここ?とか
盛り上がりました(笑
H&Mのまばゆいアーモンドドラジェもお土産に買いましたし(笑


e0289316_08422233.jpg


そんなロンドンから南方面へ行く時に利用するのが
”Clapham Junction"駅
乗り換えが複雑なので、初めは戸惑いましたが何度も利用するうちにコツがわかってきました。またナショナルレイルの切符の買い方、
様々なチケットの予約&購入など、今回は事前にネットで購入してみたので、現地でスムーズに行動でき、時短になりました。
それぞれ会員登録するのがちょっと面倒ですが…
便利な世の中になったなぁ~~と痛感!

アフタヌーンティー

一回くらいは落ち着いたアフタヌーンティーをとThe Egerton House Hotelを
予約しましたが、偶然見つけたLewesにあるオープンガーデン中のRobsonssurface
というカフェやスワンホテル、キフツゲートなど様々な場所でお茶をしました。
スコーンやクローデットクリームの味もそれぞれ違って興味深かったです。
その上、紅茶はどこで飲んでも美味しいので、ちょっと小腹が空いた時には
フルではなくクリームtea(スコーンと紅茶)をオーダー♪かなりの数を食べたな~
ピータージョンズの最上階のカフェも、クリームteaが£5弱でナイスビュー!
気軽に利用出来てオススメです。


e0289316_13563009.jpg

e0289316_14592114.jpg


e0289316_14051752.jpg


e0289316_14585362.jpg


ガーデンセンター
・Petersham Nurseries(コベントガーデン店)
 オープンしたと知って気になっていました。
 こちらの店舗もお洒落な雑貨が揃ってます~ガラスの花器を買ったので
 手荷物で持ち帰りました♪

e0289316_10163303.jpg

・Neals Nerseries Garden Centre…ロンドン1番の豊富な品揃えとか。
 確かに目移りするほどありましたが
 猛暑の日に行ったので、クーラーのない店内は10分が限界でした(汗
・Chiswik Garden Centre
・Kenwood Garden shop
・チェルシーガーデナーズ(便利な場所なので毎度のぞいてしまう)
Scotts of stow(Stow-on-the-wold)雑貨屋さんですがガーデングッズもかなり置いてあり
 欲しかった銅製のtoolを安く買えました。


e0289316_13573635.jpg


e0289316_14251363.jpg


e0289316_14260569.jpg


ワールドカップちょうどイングランドがスウェーデンに勝った日に
若者で賑わうイーストロンドンへ行ったので、街全体がもの凄い熱気で〜
大通りでは交通止めしてパトカーが見守る中、大勢でサッカー!
大歓声の中、蹴り上げられるボールが青空を舞います。
日本なら、さしずめ渋谷のスクランブル交差点あたりで?って感じでしょうか。
(この時は、ボールがビルの屋上へあがり、次のボールを待ってるところ)
パプはもちろん狭い路地でも大声で歌う、踊る~
熱狂的な盛り上がりを肌で感じました!


e0289316_13583656.jpg
e0289316_14263363.jpg


今回の旅もよく食べ、よく飲み、よく歩きました(笑)
オーガニックも充実しているし~。
食環境は、行くたびに目覚ましく進化している気がします。
まぁ電車やバスの乗り間違えや、タクシーの運転手さんの行き先間違え
などハプニングも数々ありましたが、これも個人旅行の醍醐味。
二人で知恵を出し合って臨機応変に展開させていきました♪
私達かなりたくましくなったかも(笑



美術館・ミュージカル
V&A美術館、いつもは金曜日の夜にサクッと行くので
見られない展示が多いのです(汗)そこで今回はじっくり
回ってきました。アイアンや食器も見たかったのよね~!


e0289316_15023246.jpg


e0289316_14442325.jpg


e0289316_14442585.jpg


e0289316_14442642.jpg

                         
ミュージカル  
 ”オペラ座の怪人””
去年パリのオペラ座へ行って以来、ロンドンで観たかったんですよね〜
事前にネットでチケットを購入したのですが、
今後行かれる方のためにプチ情報。
お席は二階の一列目がオススメです。
一階だと、どうしても怪人の表情が見えにくい場面があります。
さらに一階の後部席は柱が邪魔するので、お安いですが手を出さない方が賢明です。
実は私、一階の後部席を安く買った後に、行った方のブログを読み、
あわてて二階の前列を買った愚かものです(笑
高くつきましたが、知らないってそういうことですよね(汗
まぁ当日しっかり堪能できたので、ヨシとしましょう。
ご注意くださいね!

e0289316_15040080.jpg

e0289316_20044062.jpg

e0289316_20044151.jpg

おしまいは街角の美しい花たち
けして凝った組み合わせではないのですが、大きく生長していて
強い日差しの中にも映えています♪

e0289316_14283514.jpg


e0289316_14283688.jpg


e0289316_14283718.jpg


e0289316_14283913.jpg


e0289316_14284046.jpg


e0289316_15001674.jpg


そんなこんなで、充実のイギリス旅は無事に終わりました。
想定外の猛暑続きで、腕も顔も真っ黒に日焼けしましたが、
どの日も青空に恵まれて、色鮮やかな景色を目に焼き付けることが出来ました。
また、多くの方々に親切にして頂き、助けて頂いたことは数知れず!
無事に旅ができたのも、そんな沢山の出会いのおかげです!

そし
今回も快く送り出してくれたオット、
家族総出で水遣りをしてくれたご近所友ちゃん
なんとか元気でガンバッテくれた両親や義父
そして頼もしい旅の相棒デージーちゃん
多くの温かい思いに支えられ、おかげさまで半月も旅をすることが出来ました。

あふれる感謝の思いと共に~
英国旅2018①②はおしまいです。


e0289316_17422945.jpg




[PR]
# by greendaysg | 2018-07-23 20:38 | 英国2018

英国2018①

e0289316_11574467.jpg

6月末から半月、イギリスへ行ってきました。
今回もお庭巡りを中心に、アンティークマーケット、園芸店、
アフタヌーンティー、ミュージカルなど、個人旅ならではのフットワークで、
ロイヤルな場所から若者に人気のイーストロンドンまで
幅広く歩いて参りました。


e0289316_14224022.jpg



Garden(日程順に)
・Queen marys Gardens
・Westminster Abbey Garden
・Garden museun
・Broughton Grange Gardens
Kiftsgate Court Garden
・Chiswik House&Gardens
・Syon Park&Gardens
・Guildford Castle&Garden
・Lewes Castle Gaden
・Summer Garden(Robsons)
・The Hill Garden&Pergola
・Golders Hill Park
・Fenton House&Garden
・Kenwood House&Gardens
・Hampton Court FS &Palace Garden
・Windsor Castle
・Sky Garden
・StDunstan in the East
・NGS (Camberwell grove Garden 81)
・      〃         (83)
・Kensington Garden

e0289316_17213967.jpg

Broughton Grange Estate 
今回あまりの感動に目頭があつくなったお庭
トム・スチュワート・スミス氏による”英国で最も重要なプライベート
コンテンポラリーガーデンのひとつ”と言われる庭ですが
地形をうまく使った壮大なランドスケープの迫力は、それはそれは
もう想像をはるかに超えたグレードです!
現地へ行ってこそ味わえるライブ?のスケールに圧倒されています。


e0289316_10303845.jpg



e0289316_17222083.jpg


Kiftsgate Court Garden
急激な猛暑でバラが終わっているかな?と心配でしたが…
まだまだ見頃で華やかなお庭です。先日届いたRHSの「The Garden」にも
女性三世代にわたり作られ庭”Ancestral values"というタイトルで詳細に紹介されていました。
現在は3代目のAnnさんが手入れをなさっていますが~
私達もすっかりお世話になりました!


e0289316_10315088.jpg




e0289316_17085488.jpg


e0289316_18272879.jpg

Chiswick Garden
e0289316_11484449.jpg


Syon Park&Gardens
e0289316_11491584.jpg

  
Hampstead heath にあるHill Garden&Pergola
ここは癒しの隠れ家的なお庭で、流れる空気が落ち着いている~
とでも言いましょうか?妙に穏やかな心持になる、
そんな不思議な場所でした。


e0289316_14094054.jpg




e0289316_10551259.jpg


e0289316_10531806.jpg



Fenton House&garden
現在ナショナルトラストの管理で、果樹、キッチンガーデンエリアなども
手入れが行き届いています。お庭にもボラスタッフの方が沢山いらっしゃるので
気軽に植物の名前も伺えました。建物内の展示も必見です!


e0289316_14095656.jpg


e0289316_12023452.jpg



Golders Hill Park(Green Heritage)
広大な公園の中にこのエリアがあります。惚れ惚れするほど植栽が美しく
 猛暑なのに、ちゃんと管理されています。
 そういえば入口に”Corporation of London”って書いてありました~納得!
 想像以上にHampstead Heathはひろ~~い!!

                  
e0289316_14102956.jpg



e0289316_12134688.jpg



スカイガーデン
予約なしでも入れる早朝の時間がオススメです。
(パスポート・メルアド・電話番号が必要)
”空中庭園” ”天空庭園”なんて表現されるのがよくわかる~
ここが35階の室内なんて思えないダイナミックな植栽です。
階段を利用してぐるりと一周できるデザインで
まさにロンドンの街を一望できる”最高の眺望”です!





e0289316_14110914.jpg


e0289316_14130238.jpg


イエローブックに掲載されている、個人邸のオープンガーデンへ。
こんな機会でもなければロンドンの一般のお宅の庭を拝見できるチャンスなんて
そうそうないのでNGSのHPで調べておきました。
一軒目のお宅は和風テイストが随所に~オーナーさんとお話すると
日本へ何度も来られていて、「そこのピオニーは仙台から持ってきたんですよ」
と。お~っ!なんだか嬉しい(笑


e0289316_14113356.jpg


2軒目のお宅はお隣さん。作業小屋を通り抜けてお邪魔します。
コンテナにもこだわったお洒落な寄せ植えも沢山。
腰掛けてハンドメイドのケーキやお茶を頂きながら、
私もこんなスペースが欲しいな~~と妄想(笑



e0289316_10501994.jpg

e0289316_12044911.jpg





ケンジントンのSunken Garden
西日が厳しい時間帯に行ったのですが、木陰に入ると心地よい風が~
ここは都会のオアシスですね~!
多くの人でにぎわっていて写真を撮るのも順番待ちです。


e0289316_11203627.jpg



今回はハンプトンコートフラワーショウに行くべくこの時期を選んだので
半年前からホテルと飛行機だけは押さえて、
じっくりスケジュールを練りました。旅の相棒は2年前と同じデージちゃん。
彼女は以前コッツウオルズも一人で回った経験もある、旅の大先輩です。
直前までスケジュールを見直し、更に現地で2人の体調や新情報も盛り込み、
時間を最大限有効に使ってフルに動きまわりました。
毎度の事ですが、iPhoneWatchが連日、3万歩前後を示します。
2年経っても私達の脚力はまだまだ現役で~ほっ(笑


e0289316_14013567.jpg

e0289316_14015882.jpg


今年は、The Evolution of Plants ”植物の進化”がテーマだそうで↓
ドーム型のテントの中は、太古の大昔から植物が変わっていく様が分かるように植栽がされていました。


e0289316_22053328.jpg


e0289316_14021800.jpg
e0289316_14341338.jpg


e0289316_12512505.jpg

FSに行った翌日のBBC”ガーデナーズワールド”は
ハンプトンFSの特集です。この日は早めにホテルに帰ってTVをチェック。
ふむふむ…右から左に抜けそうになる英語を必死で聞き取ります(汗
メダル受賞者へのインタビュが続き、各ガーデナー達の語りは熱い!


e0289316_12515229.jpg


ピエト・オードルフさんのインタビューもじっくりと。
お若い時の写真から始まり、仕事部屋で
色分けされたグループごとの植物が書かれたデザイン画を見せて下さったり
お気に入りの植物の紹介などもありました。
家だったら絶対に録画して何度も見るのになぁ…
 



e0289316_12520862.jpg
 

長くなりそうなので②へ続きます。










[PR]
# by greendaysg | 2018-07-21 22:18 | 英国2018

三人の気ままなパリ旅2017

またも久しぶりの更新です(汗)
このところ旅の話が中心なっているブログですが…
今回もパリ旅行の記録です。

e0289316_11322053.jpg

ご近所ママ友3人組の自由気ままな1週間のダイジェストです。
題して”気分はパリジェンヌ”(笑)
宿泊先はもちろんアパートメントで、まったくのフリープランです。

実は去年暮れの忘年会~3軒目のワインバーで「フランスへ行きたいね~」
とAさんが言った言葉に、私もBさんも「行きたいわね~」と
酔った勢いで盛り上がった話が、あれよあれよと現実になり
半年の計画を経て、ついにこの日を迎えたのでした♪

Aさんはツアーとはいえ、数年おきに何度もフランスへ行っている
英語も堪能な旅のベテラン。Bさんは海外旅行は新婚旅行のハワイだけ
という初心者、そして私の3人。各々の行きたいところを合わせて、
何度も打ち合わせをしパズルを組むように、
ムダのない行程を直前まで考えました。(私が担当)

まずはパリが初めてのBさんの希望で、これぞパリ的観光スポットを回ります。
凱旋門~エッフェル塔~オペラ座~ノートルダム寺院~ヴェルサイユ宮殿~


e0289316_1075251.jpg

オペラ座の怪人のミュージカル、映画を繰り返し見た私としては
オペラ座の内部見学はワクワクです。♪~the Phantom of the Opera
is there ~♪のフレーズが頭の中でリフレイン~シャガールの天井絵も美しい!
舞台では「モーツアルト」の準備が始まっていました。


e0289316_1011716.jpg



e0289316_10231221.jpg


アンティーク好きのAさんの希望は蚤の市やパサージュ巡り。
中庭を囲むようにお洒落でこだわりのお店があるヴィラージュサンポール、
ヴァンヴの蚤の市、グランセール・パノラマ・ヴィヴィエンヌなどの
パサージュ~それぞれ特徴のある古い街並みは必見!私も行きたかった
場所のひとつなので、そこで念願のハンドメイドのジュエリーを大人買い♪
身に着けるたびに、きっとこの場所を思い出すなぁ~~



e0289316_2102100.jpg


e0289316_1084112.jpg

蚤の市では、シルバートレイやミルク入れ、バラの模様のお皿や
リネン、ブリキ缶、小さな版画など、ぶらぶら歩きながら
値段交渉し「プチプリシルブプレ~マダームorムッシュ~」と笑顔で
もうひと値切り(笑)して、なんだかんだと3人とも結構な量を
買い込みました♪



e0289316_10233820.jpg




そして私の希望はモネの庭、チュイルリー公園、花市、ガーデンショップ巡り。
モネの庭は、分厚い写真集で何度も見ているものの、
実際にその場に立つと、夏の強い日差しで見る(この日37度)色彩の鮮やかさ
鳥の声、かぐわしい花の香り、睡蓮の水面にキラキラ反射する光
全てが愛おしく思えるひと時でした。とりわけ睡蓮の池は清々しくて
長いフライトで疲れていた体がここでしっかりリフレッシュされました^^v


e0289316_1133893.jpg


e0289316_11335380.jpg




そして3人共通なのが、美術館巡りと食べること(もちろんお酒も)
だからレストランや美味しいスイーツもはずせません♪

e0289316_15575914.jpg

ジヴェルニーの翌日のオランジュリー美術館は朝早くに行ったので
お客さんも少なくて、ぐるりと飾られた睡蓮の絵に囲まれてしばらく
心の洗濯。昨日の睡蓮が目に浮かぶ~。



e0289316_1615535.jpg

ルーヴル美術館は夜9時半まで開いている水曜日に
夕方から行ったのでかなり空いていてモナリザもニケもヴィーナスも
ゆったり鑑賞できました。でも楽しみにしていたフェルメールの
「レースを編む人が」展示してなくて(貸出中?)
係の人から「ごめんなさいね~」と。
まあルーヴルはとても一日では見切れない広さなので、
ピンポイントで鑑賞したのですが、それでも時間が足りなくて…
ここはじっくり時間を取りたい場所ですね。



e0289316_1611062.jpg

大好きな印象派の作品がずらりと並ぶオルセー美術館。
ミュージアムパス4日間を買っておいて本当に良かったです。
ゴッホ・ゴーギャン・ロートレック~なんとも幸せ!
ここには内装がとてもゴウジャスなレストランがあるのでゆったり昼食。
前菜+メインかメイン+デザートで€22とリーズナブルなわりに
美味しくて、雰囲気、価格ともにオススメです♪



e0289316_9224279.jpg

2015年のエクレア部門1位のMAISON PRADIER
エクレアってこんなに美味しかったのね~と最終日にもう一度
買いに行ったほど。小ぶりで濃厚なのに甘すぎないチョコで
1個€3.99。午後のティータイムに2個ぺろりと♪
朝早くから開いていて、朝食用にパンやサラダ、フルーツも
お世話になりました^^v


滞在中のパリは猛暑続きでヴェルサイユ宮殿へ行った日は38度!



e0289316_11355743.jpg

王妃の里村は人もまばらで、とってものどか~宮殿内の激混みとは対照的で
ゆったりのんびり散策できたのは良かったのですが…
強い日差しに体力を奪われ、ジューススタンドの生絞りオレンジにどれだけ
救われたことか。ごくごく飲みほして森の中を数時間は歩き続けました。

パリは移動の地下鉄・バス・タクシーも冷房がなくて…
夜の9時半過ぎまでその日差しが衰えることなく、ず~っと続くので
行動時間は増えるのですが、暑さとの闘いでした。それでも毎日2万5千歩前後
朝から夜まで動き回っていました。いつもながらの合宿のノリ(笑)

なんとも欲張りな、三人の希望満載のスケジュールですから
日暮れが遅くて助かりました。
”よく食べよく寝てよく歩く”という毎日だったのですが
3人とも体調を崩すことなく、各自の希望を叶えることが出来ました^^v




e0289316_17325429.jpg

帰りの機内で、シャルルドゴール空港で買っておいたラデュレのマカロンと
シャンパンを頂きながら、楽しかった旅に乾杯~♪

ひょんなことから実現した旅だけど、今回も快く送り出してくれた
オットに感謝です!さらに発着が平日だったのですが…
メンバーのご主人様がちょうどリタイアされたばかりだったので
送迎を快くかって出て下さり、帰りの重いスーツケースもワゴンにサクッと
積んで下さり本当に助かりました。お仲間のご主人様にも心から感謝!!
そんな様々な皆さまに支えられて、ご近所ママ友3人旅を無事に
終えることが出来きました^^vみんな、ありがとう~~^^♪
[PR]
# by greendaysg | 2017-07-27 10:25 | パリ2017

ビオラevolve2016

今年も宮崎からビオラ”evolve"さまが届きました^^v
今月号の趣味の園芸にも”個人育種の注目の花”
としても掲載されていて、ますます人気が高まりそうです!!
greendaysとしても、例年通り早めにお願い
していたのですが、天候不順の影響で出荷が少し遅れる…
とのことでしたので
首をなが~くして待っていました!




e0289316_16463469.jpg


お客様からも「今年はいつ頃入荷しますか?」
とのお問い合わせも多く、
入荷の見通しがたち次第に看板を出しますので~
とお待ちいただいていました。

そしてそして、ようやく先週届きました^^v
今年も進化してますよ~同じ株なのに複数の花色のものや
ステムが長~いフリフリのものなど
微妙な色合い、どれをとってもみんな違うお顔。
これぞevolveですね~~♪

当日は朝から土砂降りで、オープンを遅らせようかな?
と様子を見ていると…
なんと10分前にはお客様が待っていて下さるではないですか!
足元の悪い中を続々と熱心なファンの方がいらして下さり、
みなさま4P~10Pという大口購入ですので、
あっという間にに完売^^♪
寒い中をありがとうございました!



e0289316_17391795.jpg


やはり一昨年、去年と育ててみて、
その素晴らしさに心を奪われたお客様が多く、
evolveを使ったハンギングや寄せ植えのオーダーも入りました。

右下にチラリと写っているのは、鳥カゴアイアンや鉢に
evolveだけを植えて欲しいとのオーダです。鉢5個分なので
せっかくならと~目線で楽しめる壁掛け用にも植え込みました。


evolveビオラ、ますます人気で私も嬉しいです^^♪
今年のように過酷な天候にもかかわらず
見事な苗を届けてもらって、育種家さんって
本当にすごいな~ぁと尊敬です!感謝しながら
お届けのハンギング制作しました^^v
[PR]
# by greendaysg | 2016-11-27 20:15 | ご注文のお品

英国旅2016

この秋の英国お庭巡りの旅記録です。
日にちが立つほどに記憶も曖昧になるので
あの感動を忘れないように少しづつ書き残しておきたいと思います。

ご無沙汰しています。ブログの更新がまたも久し振りになりましたが…
2年ぶりのイギリス旅を楽しんで参りました^^♪


e0289316_238321.jpg



約2週間のうち、前半は吉谷桂子先生のこだわりのツアーでお庭巡り、
後半はデージーちゃん(ブログでお馴染みの花友さん)と二人で
庭巡り・マーケット・パプ・アフタヌーンティーという
行きたいところをみっちり詰め込んだ
これぞイギリス的な充実の旅でした。


e0289316_23422853.jpg


e0289316_21195237.jpg


後半は特に、優雅なお庭巡りとは違う、体力勝負のアスリート的行程で(笑
”ガーデニング合宿”という言葉が一番ぴったりするような
朝から夜まで、ひたすらどん欲に動きまる毎日でした。





e0289316_9314933.jpg

今回、どれだけのお庭や公園を巡ったのか?まずはざっとこんな感じで
・Pettifers Garden
・Highgrove Garden
・Jekka's Herb Farm
・Lady Farm
・Hauser&Wirth Somerset
・RHS Wisley
・Derek Jarman Garden
・Great Dixter
・Merriments Garden
・Sissinghurst Castle Garden
・Beth Chatto Garden
・RHS Hyde Hall
・Olympic Park



e0289316_10191610.jpg



・・・・・・・・・・・・・
・Regent's Park&Primrose Hill
・Hyde Park 
・Kensington Garden
・Green Park
・Holanda Park
・Greenwich Park
・Eltham Palace Gardens
・St. James's Park
・Dalston Eastern Curve Garden
・Canary Wharf Crossrail Ronf Garden
・Hackney City Farm
・Barbican Centre
・Chelsea Physic Garden
・Regent's Canal
・New River Walk



e0289316_10234683.jpg

書き出してみると、改めてその数にびっくりですが…
伝統的なチャールズ皇太子のお庭から、東ロンドンの最先端のお庭まで、
ふり幅がものすご~くある、実に様々なお庭を見て参りました。

好き嫌いなんて個人的なものは置いといて…
荒涼とした石ころだらけの土地に現れる衝撃のデレクジャーマンのお庭など
やはり見ておくべき哲学的な場所に行けたことも、大きな収穫でした。

また「ここは東京?」というビジネス街の植栽に出会ったり
生け花の「天・地・人」の影響を受けたお庭作りを拝見したり、
普段、私達がなにげなく見たり接したりしているものが、そこにありました。
生け花の、削ぎ落とされた空間の調和、日本古来の植物、
そんな素晴らしいお手本の数々が、実はとても身近にあったと再発見!
以前からお稽古に通っている古典華道の存在を
とても愛おしく感じた旅でもありました。


e0289316_1015170.jpg




園芸店も、お洒落な有名店から地元密着型までいろいろと。
・Clifton Nurseries
・Petersham Nurseries
・N1garden centre
・Battersea Flower Station
・Merriments
・World's End Nurseries
・Columbia Road Flower Market(このジャンルにしましたが様々なお店があります)
・RHS Wisley(お庭のジャンルですが品揃えが豊富なので是非)

e0289316_20594523.jpg



アンテークマーケットも
・グリニッジ・アンティーク・マーケット
・アルフィーズアンティークマーケット
・カムデンパッセージ
・アップルマーケット
・ジュビリーマーケッ
・ポートベローマーケット



e0289316_21311860.jpg


アフタヌーンティーも郊外の素朴なものから、ケンジントンガーデン内の
オランジェリーまで美味しく頂きました。
べスさんのカフェの三段トレーのスイーツは(左下)
イギリスならではの、ほおずきのケーキやスパイシーなケーキが珍しく、
ボリューム満点でした♪



e0289316_1054352.jpg


またお庭巡りの際には、オーナーの方の心をこめた紅茶&ケーキのおもてなしが
どちらにも用意されていて…後半になると、さすがに完食は厳しいのですが…
オーナーさまのお気持ちも無駄にしたくなくて、
お腹と相談しながら、ガンバッテ頂きました(汗


番外編で、今回はデパートやスーパーもロンドン中の
有名店は、ほぼほぼ制覇しました(自分たちもびっくりのフットワーク!)

ユニークなところでは、お菓子などの型やキッチン用品が充実した
「DIVERTIMENTI」、お洒落なオーストラリア発の文具屋さん「Kikki K 」、
センスの良いカードや文具の「Medici Gallery」
リボンやレースの専門店「ヴィヴィ・ルーロ」も素敵です。
グラデーションのリボンを買ったのですが…もったいなくて使えません(笑




e0289316_2131525.jpg


それとイギリスへ行くたびに”見よう”と思いつつ、
なかなか金曜の夜はホテルにいなくて、見逃していたのですが…
今回やっと見ることができました♪
イギリスで最もポピュラーなTV番組
「ガーデナーズ ワールド」
この日は、オステオスペルマムの挿し穂、ボーダーガーデンの作り方
多肉の寄せ植え、小さなお庭拝見など、なかなか見ごたえのある
内容で、さすがガーデン大国だなぁ~と実感。



e0289316_17355987.jpg

ホテルの近くのスーパーでも、入口の雑誌コーナーには
ずらりと園芸雑誌がならんでいて、思わず立ち読みしちゃうほど(笑
雑誌の付録は「種」ですよ♪緑の指を持つ人が増えるわけよね~~。



V&A美術館やテートブリテンへも足をのばしました。
イギリスを代表する風景画家ウィリアム・ターナーの
古きイギリスの景色をじっくり楽しんだり
名画「オフィーリア」に息を呑んだり、美術館巡りもはずせませんね。
時間がなくてテート・モダンとサーペインタイン・ギャラリーへは
(前まで行ったのですが、ちょうどクローズになり…)次回こそ!



e0289316_2045199.jpg


e0289316_9343522.jpg


秋のお庭巡りは初めてだったので、
バラが咲きほこり、色鮮やかな花々で溢れる春や夏とは
違った表情が見られるのでは?と期待していたのですが
想像以上に、どのお庭も印象深かったです。

穏やかな日差しの中、風に揺れるグラス類やワイルドフラワーたち。
幸い9月にしては、良い天気が続いたので
色やテクスチャー、サイズの違う様々なグラスが、
見事に配置されたお庭が多く、グラスの魅力を再認識しました!
お花も良いけど葉物もさらに魅力的♪
秋の光の中で見る植物たちは格別でした。



とまぁざっくりとした旅記録なので、追々
お庭ごとにアップできたらな~ぁと思っています。
今回の旅は、英国ひとり旅の大先輩・デージーちゃんと
と一緒だったので何かと心強く、互いの行きたい場所が似ていたので
毎日が嬉しくて楽しくて、動きまわりました(笑
そんな濃厚”ガーデニング合宿”ができたのも
お互いにすこぶる健脚で、体力も維持できたおかげでもあるのですが
快く送り出してくれたオットにも大感謝です。

そして一人旅ではけっして味わえないであろう経験の数々は
吉谷先生にも感謝です。
お庭のオーナーさまに何度もオファーして下さったおかげで
訪問できたレアなお庭もありますし、
終始、懸命にレクチャーして下さるそのお姿には心をうたれました。
それになんといってもお洒落な装いは、とてもお美しく、
お庭巡りとファッションの関係も大変勉強になりました。

お庭巡りの心構えとして、
自身の洋服に季節の色を取り入れて、色彩のつながりを大切にする
”リレーティブ・カラーズ”の発想が
植栽だけじゃなくて装いにも、というご指摘は、
常に心にとめておきたい言葉となりました。

いくつになっても、旅から学ぶことは多いですね!


感動をたっぷりチャージしたので、
今シーズンも、絶好調でスタートですよ^^v
日比谷GSのお手伝いも終わり、ご注文も増えて参りました。
いよいよハボタン&ビオラのシーズンですね~♪
ハンギングや寄せ植え作りガンバリましょう。

長くなりましたが、お読みいただきありがとうございます^^♪
ではではまた。
[PR]
# by greendaysg | 2016-11-20 09:39 | 英国2016