自宅ガレージで、時々      「Green Days」をopen♪
by greendays
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ごあいさつ
ご注文のお品
ハンギングバスケット
寄せ植え
庭の植物
多肉植物
講習会
ラッピング
紅茶
英国2013
英国2014
英国2016
お出掛け
その他
未分類
最新の記事
ビオラevolve2016
at 2016-11-27 20:15
英国旅2016
at 2016-11-20 09:39
2016年上半期のあれこれ
at 2016-08-16 18:15
イタリア旅行
at 2016-03-22 10:37
2015年総まとめ
at 2015-12-28 23:41
以前の記事
2016年 11月
2016年 08月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
お気に入りブログ
井上まゆ美のお仕事日和
SUGAR & BUTTER
green plus
気ままに庭仕事    ~...
小さな手作りガーデン
daisy&bee の ...
horigotatsu*
ブルーベルの林から
緑のじゅうたん 英国便り
外部リンク
最新のコメント
鍵コメさま コメありが..
by greendaysg at 12:16
SUGAR&BUTTER..
by greendaysg at 11:37
すてきなイギリス旅行だっ..
by SUGAR&BUTTER at 20:12
daisyさま 夏と初..
by greendaysg at 00:21
ああ、もう〜懐かしすぎま..
by daisy-and-bee at 20:49
daisyさま スリの..
by greendaysg at 10:19
コロンビアMへの行き方を..
by daisy-and-bee at 18:52
daisyさま デージ..
by greendaysg at 23:45
きゃー!お帰りなさーい\..
by daisy-and-bee at 19:48
daisyさま デージ..
by greendaysg at 20:42
メモ帳
最新のトラックバック
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:英国2014( 7 )

イギリス旅2014夏⑥

今回の旅は、息子と一緒だったこともあり、
自分ひとりだったら、おそらく行かなかったかな~という
場所もありました。^^♪

その代表が、世界遺産の古代遺跡 ストーンヘンジ。
ロンドンから片道2時間半もかかりますし
この機会に行かなければ、きっとこの先も行かないような気がして
一緒に行くことに。




e0289316_23244239.png


あいにくの土砂降りで、寒いこと!
でもそんなお天気だからなのか、なんとも神秘的。


太陽崇拝の祭場?神殿?天文台?など諸説ありますが
今も謎に包まれたまま。
紀元前3000年、誰がなんのために作ったのか?
そのミステリアスさが多くの人を引き付けるのでしょうね~!
(息子はここへ一番来たかったそう)




e0289316_2326029.png


日本語対応のオーディオガイドを借りられるので、
詳しい話を聞きながら、自分のペースで
近くのエリアをぐるりとまわりました。
あたりには何にもなくて、本当に不思議な景色です!



がらりと変わりますが、次はキングスクロス駅。
ご存じハリーポッターの9 3/4のホームがある場所です。
今や観光名所と化してまして、カートを押して"はいポーズ"
の写真の大行列。私も本や映画は夢中で読みましたが
さすがにこの行列に並ぶ元気はなく、パス(汗




e0289316_23274312.png


予想以上の行列に…息子も、パスというので、
結局、隣のショップで百味ビーンズだけ買って退散しました。
ショップ内もコミコミですよ。ハリー人気恐るべし!
シーリーズは完結したのに、まだまだ盛り上がってますね^^♪




e0289316_23302257.png



すご~い人でしょ!!
e0289316_16503478.png



e0289316_23315340.png


今から10数年前~
シリーズが始まり、映画が大ヒットしてた頃
オットが仕事でロンドンへ立ち寄った際に
当時小学生の息子たちへのお土産に、ハリーポッターのグッズを
買おうと、キングスクロスの駅へ来たそうです。

その頃は、まだ駅も古く、ただ9 3/4と書かれたプレートがあっただけ。
付近にショップもないし、観光客もいないし。
そこでロンドンで一番大きなおもちゃ屋さんへ行ったところ
「ハリーポッター?そんなグッズはないよ!」
この人気ぶりにそれはないだろうと…
ロンドンのおもちゃ屋さんを次々と回るも…収穫なし(笑)

日本人だったらすぐにハリー〇〇とかハリー××とか
作るのにね~!
と話したことを思い出します。


今回、↑の写真を見せたら、オットびっくりしてました!(笑




(↓には関係ありません~リッツの寄せ植え)
e0289316_23345688.png



そして一人だったら絶対に行かなかった場所…その3。

なんとカジノ!?
私がお庭巡りをしている間、息子はロンドン散策したらしく
「カジノを見つけたから、行ってみない?」
パスポートが必要と言われて取りに戻ったホテルに
ちょうど私が帰って来たので、声がかかりました。

お店の入り口には、ガタイの良い黒服のお兄さん(汗
初カジノですので、おてやわらかに~。
受付で、パスポート、会員になるための書類記入(とても詳細)
そして顔写真を撮られて、ようやく入室。

想像より明るくてモダンな雰囲気。
遊んでいる方々も、ゆとりのある感じなので、ちょっと安心^^

なにせ初めてなので、相場も分からない…事前に
「1万円以上負けたら帰ろう」と話していたのですが
ビギナーズラックで二倍に勝ち、むふふっ~ミュージカル代を
稼ぐわよ~なんて欲をだしたら
あれよあれよと、負けはじめトントンに。
潔くここで終了(汗

我ながら、なんともチキン^^;
帰ってオットに話したところ
「一万円?それは安すぎるだろう!最低でも10万円は持って行かなきゃ」
と言われ "ジュ・ジュ・ジュウマンエン?!"(大汗
とうていチキンの私にはカジノは向きません^^;



e0289316_17311798.png


ちょっぴり高級なインド料理レストラン↑も美味しかったし
さっぱりした広東料理のコースにも癒されました。
イギリスの食事はまずいという人もいますが
最近は世界の料理が気軽に食べられるので
チョイス次第で、食事も楽しめますよ^^v


夕暮れのテムズ川
e0289316_16445589.png




そんなこんなで、楽しく充実した今夏のイギリスの旅は
無事に終了いたしました。
来年から社会人になる息子と
今後、一緒に旅をすることは難しくなるでしょうし、
子育て卒業旅行という意味合いでも、
感慨深いものがありました^^♪

長々と読んで頂いて、ありがとうございます*^^*v



(このシリーズは、これにておしまい)
[PR]
by greendaysg | 2014-09-04 00:28 | 英国2014

イギリス旅2014夏⑤

今回、拠点にしたグロースターロードは、
3つのラインが止まる、移動に便利な所で
(ピカデリーラインが12月まで工事中で、使えないので注意!)
V&A(ヴィクトリア&アルバート ミュージアム)も
歩いて行ける距離にあります。

金曜日は、夜10時まで開いているので(V&A)
見学後、ゴージャスなカフェでお食事をするつもりで、
のんびりお出かけしました。




e0289316_1555724.png


e0289316_1581729.png


e0289316_15102382.png


途中の街並みの素敵なこと!
ゼラニウム&ペチュニアという組み合わせが定番の
ようで、どの苗もモリモリ垂れるように成長しています。
東京の高温多湿の夏では、こう美しく育ちません…。
涼しい気候のイギリスならではですね~羨ましい!



e0289316_1511485.png

お隣の自然史博物館。
何かのイベントか?100人を超す大行列に入館は見送り
ましたが、次回は是非行きたいな~♪



e0289316_15374476.png


V&A美術館。ホールに入ると↑、心地よい音楽が流れる中、
ワイン片手に語らう人達の姿が。こんなリラッツクスした雰囲気で
美術・工芸品を楽しむなんて、ほんと素敵!



e0289316_15131844.png


どんどん進むと中庭にでます。
ライトアップされた中庭も素敵でしょ!
日暮れに行くのも良いものですね~。




e0289316_15313090.png


8時過ぎだったので、1階と3階しか見られなかったのですが
とてもゆったりと貸し切り状態で鑑賞できました^^v
なんとも贅沢な空間で、心ゆくまで堪能できます。

こちらのカフェは、"ロンドンで一番素敵!"
と言う人も多い注目の場所です。
セルフサービスながら、しっかり食事も取れるように、
野菜類・温かいお料理・ドリンクまでメニューも豊富ですので、
モリス柄のトレイに、それぞれのコーナーで選んだ
物を載せて、最後にお会計します。




e0289316_15324525.png


どのお部屋で頂ましょうか?
私たちは、Gamble Room"ギャンブル・ルーム"という
大きなライトと、ステンドグラスが印象的な
クラシカルなお部屋で頂くことに。

ピアノ演奏も始まり、よく響く美しい音色を聴きながら
心もお腹も満たされました^^v
なんとも夢心地の空間~♪




e0289316_15233777.png


昼間、歩いて行ける場所にある地元の園芸店をのぞいてみました。
「Rassell's Nursery」
地元の人たちが利用するような普通のお店です。
ただハイストリート・ケンジントンという場所柄、
うちの近所の園芸店とは、やっぱり違う雰囲気でした(笑



e0289316_15271597.png


苗の品揃えも豊富で、ちょっとしたディスプレイにヒネリが効いてます!
これ、↑すごくないですか~?
思わず、店員さんに「写真を撮ってもいいですか?」と尋ねてパチリ^^
若いそのお兄さんは、「お~っ!それが気にいったのかい!」と
嬉しそうに、この顔型鉢について、ひとしきり語ってくれたのですが…
私、「??? 」 理解不能…。(汗

英語ができたら、どんなに話が弾んだことでしょうか。
今度こそ、本気で"ラジオ英会話"続けるわよ!!(笑



e0289316_15284314.png

猫の置物?かと思ったら本物でした!
苗売り場のテーブルの上で、日向ぼっこしてます。




e0289316_1530257.png


ガーデン雑貨類は、あまり置いていないのですが
折り畳みの落ち葉入れが気に入り、見本以外にないのですか?
と尋ねたら、「1~2週間後に入荷するので、また買いにきて」
と言われました。私だって、行きたいわよ!(笑
そんなわけで、なにも買わずに、お兄さんとおしゃべり?
だけして帰ってきました^^

「Rassll's Nursery」
80 Earls CoUrt Road W・8
Kensington Police Stationのそばです。


~つづく~
[PR]
by greendaysg | 2014-09-02 16:05 | 英国2014

イギリス旅2014夏④

ホテルからとても近い所へある
チェルシーフィジックガーデンへ。
この辺りは、閑静な高級住宅街なので
のんびりお散歩するのも楽しいコースです。




e0289316_17485131.png


1673年に創設された歴史ある薬草園です。
こちらには世界から集められたハーブ役700種があり
果物や野菜、熱帯植物なども植えられています。



e0289316_2321413.png


入り口から、ハーブの良い香りに包まれてほっとします^^v
こちらは、小さいお庭ながら
植物が好きな者にはたまらない場所です。
私のように、スマホやカメラで植物の名札を撮ったり
植物を接写したり、スケッチしたり~とかなりマニアック(笑)
な方が多くいらっしゃいました^^



e0289316_2332951.png


植物を人の役に立つようにどう利用できるか?
という研究を促進するために作られたお庭なので、
ロックガーデンや温室、生活の中で利用できる木のゾーンなど
コンパクトにまとめられています。




e0289316_23304189.png


そうそう、植物を沢山撮って来たのですが
この紫色の実が気になって、家に植えたいなぁ~と名前をメモ。
「PHYTOLACCA AMERICANA」
帰って調べたら…
日本名 コウシュウヤマブドウ ヤマゴボウ科の多年草です。





e0289316_23283283.png


なんと有毒植物で、赤い実をブルーベリーと間違えて誤食しないように
と注意を促されている植物でした^^;
あらら…これでは、公園や小さなお子様のいるお宅の庭などには
絶対に植えちゃあいけないNG植物ですね!




e0289316_10582627.png


カフェやショップもあるので
旅行中のリフレッシュにも、良いですよぉ~♪

個人的には、とても落ち着ける雰囲気だったので
もう1回行けば良かったなぁ~近くだったのに…
と気に入りました。



e0289316_2343091.png


歩いてすぐのキングス・ロードには、パートリッジやM&S、ハビタなど
もあるし、通りの両脇のフラワーバスケットも美しくて
お庭を見た後に、楽しくお買い物もできますよ♪



e0289316_2362426.png


パブ・CHELSEA POTTERの花飾り。
昼間でも、通りのテーブルでビールを飲むお客様で賑わってます。
ロンドンのパプって、どこも見事な花飾りで覆われてて、
つい入りたくなってしまいます(笑



e0289316_23172655.png


私は、お目当てのチェルシーガーデナーへ。
ファーマーズマーケットの一角にあって
ガーデン雑貨が豊富なショップです。



e0289316_23191093.png


苗類や鉢、ガーデン関連のグッズや
テーブル&椅子、バーべキューやキャンプセットまで
幅広い品揃えで、物欲が刺激されます^^♪




e0289316_1115797.png


奥には、オーガニックショップやカフェもあるので
ガーデニング好きでしたら
フィジックガーデンの帰りにちょうど良いですよ^^v



~つづく~
[PR]
by greendaysg | 2014-09-02 11:23 | 英国2014

イギリス旅2014夏③

連日、朝から夜まで動きまわっているので
さすがに日曜日は、一時間寝坊をしました^^;

でもこの日は、昼過ぎまでしか開いていない
コロンビアロードのフラワーマーケットへ行きたいので
大急ぎで支度をして地下鉄へ。

このマーケットがあるロンドン東部の下町は、
近年スリが多くてやや不安なことや、
日曜日しかオープンしないなどで
ツアーだとなかなか行きにくい場所なんです。
でも一度は行ってみたくて~!
今回は用心棒役の息子も一緒なので、良いチャンスだと^^v

事前にみなさまのブログで行き方を調べたのですが…
"初めてだと、迷って分かりにくい"という声が大多数!
そこで、私が、実際に行ってみて、詳しくアップを~と、
張り切って、リバプールストリート駅からスタート^^v



e0289316_1250030.png


e0289316_18282092.png


①地下鉄のリバプールストリート駅の改札を出て、
右の地上出口(WEST~)と書いてある看板の先のエスカレーター↑を
のぼると地上にでます。



e0289316_18301878.png


e0289316_13374420.png

②地上に出たら、目の前に大通りがありますが、
渡らず、そのまま左に歩く。複数の他のバス停を通り過ぎて、
STOPⒽ で26番・48番のバスに乗ります。



e0289316_18312660.png

③Hackney road下車。
そこから少し歩き、三角スペースの有料トイレを曲がると
マーケットの入り口。
Vintag Heavenというアンティークショップが目印です。

*実は私たち、バスの表示だけ見て降りたので
一駅早すぎました。降りる時に、運転手さんに
「フラワーマーケットに行きたいんだけれど、ここで良いですか?」
と尋ねることをお勧めします。

すみません…肝心の到着付近の写真がなくて(汗
私たちも最後のところで結局、遠回りしちゃいました^^;



e0289316_18243928.png


まぁ降りた所が、たまたま帰りに行く予定のLabour&Waitのすぐ傍だったので
逆に道を辿ることなっただけなので、よかったのですが…^^;
ですからたとえ降りるバス停を間違えても、この辺りまでくれば
徒歩10程度ですので、こちらのマーケットも楽しみつつ散策されると
楽しいですよ。(負け惜しみ~(笑)
有名なベーグルやさんや、世界各地の料理屋台がずら~りと並んで
熱気ムンムンですので。




e0289316_13263510.png


そんなこんなで、目印のVintag Heavenへ到着^^
途中でサークルラインが20分止まったこともあり、
2時間もかかってしまいました。



e0289316_2233955.png



e0289316_2235299.png


11時20分~切り花はかなり売れたのか?ポットの苗類の方が
売り場面積を占めてる感じですね。花苗の他にもリーフや大物の木もちらほら。
住んでいたら、きっと定期的に通いそう~♪
この時間でも大混雑なので、一通りリサーチしたら、
待望の脇のショップをのぞきます。


e0289316_22373567.png


e0289316_2251254.png


ガーデン・キッチン雑貨、アンティークなど、魅力的な商品が
目を惹くように窓際にディスプレイしてあります。



e0289316_22465097.png

アイアンの取っ手付きカゴやピクニックセットなど
サイズ制限がなかったら、あれもこれも欲しいよぉ~!


e0289316_22484289.png


お目当てのショップ「THE Garden Shop」がクローズだったのが
残念だったのですが…
ガーデン用のビニールバックやテイータオルなど
軽い小物をお買い上げしました^^

そして、いよいよガーデナー(だけでなくこだわりがある大人)憧れのショップ
「Labour And Wait」へ。行きたかったんですよね~♪




e0289316_18245864.png


"シンプルかつ機能的で美しいデザイン"をもの選びの基準としている
そうで、置かれている商品の一つ一つがとても洗練されています。
小物だけ買うつもりだったのですが、
見ているうちに、tool bagや、tea strainerなどあれこれ購入♪
男性のお客様も多くて、こだわりのセレクトショップという
雰囲気でした^^




e0289316_13173792.png


ご興味のある方は是非!
このバス停から徒歩1分程度です。
(写真の左の赤で囲んだのがバス停、右の道をまっすぐ1分)


実際に行ってみて、さほど治安の悪さは感じませんでした。
通常通りバッグを身近に持っておけば大丈夫かと^^v
ブリック・レーンも若者の熱気があふれていて
面白いマーケットでしたよ^^♪

~つづく~
[PR]
by greendaysg | 2014-09-01 13:58 | 英国2014

イギリス旅2014夏②

今回の旅は、限られた時間を有効に使うため
地下鉄・バス・タクシーを上手く組み合わせて
目的地をまわりました^^v

ロンドンの地下鉄は、よくストップするので
事前にPlanned Works Calendarのサイトで
動かないラインを調べておくことをお勧めします。



(キューガーデン・奥に見えるのはOrangery)
e0289316_17161011.png


基本、お庭巡りは一人だったので
はじめはドキドキでしたが、
慣れてくればタクシーも使って、体力温存(笑

余談ですが、ロンドンのタクシーは安心で、料金も明瞭です。
後部座席から見える上の位置に料金メーターが付いていて
走るうちに料金が上がっていくのが分かります。
目的地に着いたら、10%程度のチップをプラスして支払い
自分でドアを開閉します。
ちなみに英語に自信がない私は、目的地と住所を大きく書いた
紙を見せて、乗る前に交渉しました(笑)



e0289316_1718244.png


さてさて本題!
まずは、テムズ河畔にある王立植物園キュー・ガーデンズから。
今回泊まったホテルのあるグロースターロード駅から
地下鉄ディストリクトラインでリッチモンド行きに乗ると、
乗り換えなしで簡単に行けます。

終点のひとつ手前にあるのがキュー・ガーデンズ駅。
デージーちゃんから、この時に改札を出て駅の反対側に行くようにと
教えてもらってたのが大助かり!
知らなかったら、かなり迷うと思います^^;
詳しく書きますと~
降りた側の改札を出て階段を降りると、さらに下へ行く地下道のような
暗いトンネルがあるので、そこを進むと、上へ行く階段があります。
そこをのぼると駅の反対側へ出ることができます。




e0289316_16432694.png


駅前の、このカフェを右手に見ながら、表示に沿って通りをまっすぐ歩くと
7~8分でキューガーデンの入り口、ヴィクトリアゲートに到着します。



e0289316_16484622.png


どこからまわりましょうか~?
120万㎡の広大な敷地に600万種以上の
標本植物が管理されているのですから、
地図を見ながらじゃないと迷子になります^^;



e0289316_2273512.png


有名なパームハウス↑とテンパレートハウスからじっくりと。
巨大な温室の内部には椰子の木が生い茂って、熱帯雨林環境の
植物がいっぱいです。
なんだか懐かしいムシムシとした湿度!?
むむ…まるで、来る前の東京と同じよう…(汗



e0289316_1772478.png


e0289316_17112420.png


ザ・プリンセス・オブ・ウェールズ・コンサバトリーも人気で
多くの人で賑わっていました。サボテン・食虫植物・ランなど
10の気候ゾーンの植物が迫力で迫ってきます。蓮の花も見頃でしたし
ここは見逃せませんね。


e0289316_1713262.png


e0289316_17142052.png



植物の写真はたくさ~ん撮ってきたのですが
アップするときりがないので、グンネラだけでも~!



e0289316_172347.png

e0289316_17234526.png


ウィズリーガーデンのように混んでいないので、
場所によっては、広大な庭に自分ひとり…誰もいなくて…
ちょっぴり怖いくらいでした^^;
こちらのマリアンヌ・ノース・ギャラリーにも、どなたもいなくて
本当にひとりぼっちで、じっくり拝見しまたよ!


e0289316_1732059.png


苗やガーデングッズのショップも要チェック^^
もうシクラメンが並んでますよ~!
マーケットではビオラも売ってましたし。
ロンドンの最高気温は、滞在中10~15度でしたから
ありですね。


e0289316_17293749.png


e0289316_1730719.png



広大な園内をゆっくり見ていると、時間の過ぎるのが早いこと!
夜は、ミュージカルのチケットを取っていたので、
間に合うように散策を終え
着替えてコヴェントガーデンへGO♪



e0289316_2204917.png

e0289316_2205035.png


ガイドブックお馴染みの大道芸やカフェの賑わい^^♪
両側にショップも沢山あって
静かなお庭とのギャップが…^^;
土曜日の夜なので、シアターが並ぶ界隈は
とって~も盛り上がってますよぉ~♪

私たちが選んだのは、「MAMMA MIA!」
明るく笑えるのが良いな~という息子のリクエストです。


e0289316_21523376.png


みなさん、ちょっぴりお洒落して
ワインやシャンパンを片手にノリノリです♪
(あのプラスチックシャンパングラス、日本の劇場でもあったら良いのに…)
アンコールでは、総立ちでDANCING QUEENを大合唱!
「会場が一つになってたね!」「演技力が凄いよね~」とか
アバ世代じゃない息子も、大満足の様子^^v
私は、もちろん隣のお姉さんとdancing~(笑

そんな興奮冷めやらぬ私たちは、今夜もビールで乾杯~♪
ロンドンプライドよりコクもあってアルコール度数も高いボブゴブリン。
ラベルが印象的でしょう^^



e0289316_2155592.png


翌日は早朝から、フラワーマーケットの予定なのに
果たして早起き出来たでしょうか~(笑


~つづく~
[PR]
by greendaysg | 2014-08-30 23:30 | 英国2014

イギリス旅 2014夏 ①

無事にイギリスから帰って参りました^^♪
息子と二人の気ままな旅は、自由な反面
何事も自力で解決しなければいけないので
つたない英語で交渉することがしばしば…。
互いに知恵を出し合い、なんとかクリアする毎日で(汗
彼の意外な一面を垣間見ることができました^^v
これもこの旅の大きな収穫だったかな!



e0289316_16323271.png


到着した夕方から、早々とナイツブリッジへお買い物♪
そのままパブで地元のおじ様方とビール片手に大盛り上がり(笑)
"ロンドンにカンパ~イ"と
笑顔でギネスを飲む上機嫌な私^^
「君のママは、とても幸せそうだ!」と
息子は何度もおじ様たちに言われたそうで、
「24時間以上寝てないのに、なんでそんなに元気なの?」と息子にも
驚かれた旅の始まりです^^;

だって人間、好きなことをする時、好きな所にいる時って
そんなものだよぉ~時間なんて忘れるのよぉ~(笑

そんな訳で、旅の話のいろいろを
順次アップしていきたいと思います♪



e0289316_17172839.png


まず今回の目的の一つは、
なんといってもバッキンガム宮殿のプライベートガーデンを拝見すること!
女王様が避暑のため、スコットランドへ行かれる間だけ
一般公開されるので、それに合わせてこの時期にしたのです^^v




e0289316_16482384.png


宮殿内とお庭は、撮影禁止なのでアップ出来ないのですが
豪華絢爛、目の保養~まるで夢の世界へと誘われました!

私達は宮殿見学の後のお庭ツアーを申し込んでいたので、
引き続きガイドの職員さんと一緒に
詳しいお話を聞きながら、ゆっくりお庭をまわりました。




e0289316_16504247.png


説明は、もちろんすべて英語…質問も気軽に出来るのですが
私の英語力不足で(汗)なんと答えてもらってるかが
半分以上…いや正直なところ…ほとんど分かってません(笑
でも息子の助けもかりながら、
なんとか聞き取れたことを書いておきますね^^
(聞き間違いだったらごめんなさい!)

このお庭をデザインしたのは
ランスロット・(ケーパビリティー)・ブラウン。
英国18世紀ランドスケープ・ガーデン界のスーパー・スター。
(超有名人だから、帰国して詳しく調べてみてね~と言われた)
1780年に彼がベースをデザインし、
なんとそのまま維持しているそうです。

この守り続けられる広大なお庭のガーデナーは、現在たったの8人。
かなりのハードワークですって!でもパレスのまわりを走るバスの2階に乗って
自分の担当の区画の木を、次はどのくらい剪定しようか?
などとチェックも怠らないとか。
ナイスロンドンバスの利用法ですね~。職人魂に感心!



(この道の右奥を曲がるとそこがプライベートなお庭です)

e0289316_16515332.png

女王様のお母様はアガパンサスがお好きだったそうで
お庭に沢山植えてあります。
では女王様はどんなお花がお好きなのですか?
と尋ねたところ、お好きな花はいろいろあって
ワイルドフラワーが咲いてる風景が特にお好きなようだ~とのこと。

それで納得!
実は、私…きっと宮殿のお庭は
格調高い正統派のイングリッシュガーデン!
と勝手に思い込んでいて…拍子抜け?というかあまりの素朴さに
宮殿内というのを忘れるほどでした。

とてもナチュラルなボーダーガーデンが、道なりに続き
紫&オレンジ色ベースのワイルドフラワーたちが風にゆらゆら揺れて
ここは田舎道?という風情でしたから。
こんな景色が女王様のお好みなのね~^^♪
私もツボですよ~このお庭!

しばらく歩くと、大木に囲まれた森のような空間が続きます。
これって…日本の皇居東御苑(皇居附属の庭園)と同じような雰囲気だなぁ~^^
(あくまで個人的な感想ですが…)


45分のガーデンツアーはあっという間で
もう少しじっくり見たいものです。
そんな皆の思いに応えるように、スタッフさんから
"入場券の裏に名前を書いて、スタンプを押してもらうと
一年以内なら入場料無料ですので是非~"とのこと。
もちろんしっかり押してもらいましたよ(笑



e0289316_1658222.png


宮殿を出た所にカフェとショップもあります。
目の保養をした直後だけに
購買意欲もそそられて(笑)市価よりお高めの
ロイヤル価格にもかかわらず、つい手が伸びてしまいます(笑



e0289316_16595655.png

パレスショップは、様々な国の観光客で大賑わいの混雑ぶり。
みなさんカゴにどっさりお買い上げ!
ウィンザー城の修復費に、極ちょっぴり貢献できたでしょうか~?(笑

~つづく~
[PR]
by greendaysg | 2014-08-29 22:27 | 英国2014

妄想が現実へ

今年の夏のお楽しみ~!!
イギリスへ1週間、行って参りま~す♪




e0289316_2359424.png


飛行機とホテルだけ決めて、あとはまったくフリーの
気ままな旅です。
おまけになんと大学生の息子と初の二人旅!
どんな珍道中になるのか?(笑

私はもちろんガーデン巡りが中心ですが
せっかく息子と一緒なので
ミュージカルやショッピング、パブで地ビールも楽しみたいと思います^^♪

行きたいところがありすぎて、パズルのように
ルートを組み合わせて、試行錯誤のここ数日^^;
体力を温存して、フットワーク良くまわりたいと計画中です。

英国ひとり旅の先輩、デージーちゃんからも
具体的なアドバイスをたくさん頂いたので
迷子にならずに、効率よくまわれそうです^^v
デージーちゃんありがとうね~!

ストリートビューで、予習はバッチリ(笑

ではでは行ってまいりま~~す^^♪
[PR]
by greendaysg | 2014-08-18 15:53 | 英国2014